独立行政法人労働者健康福祉機構 研究普及サイト

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
外傷性高次脳機能障害
ホーム » 外傷性高次脳機能障害 » 研究目的・概要

研究目的・概要

通常の画像診断で異常を認めない高次脳機能障害をreal time functional MRI または光トポグラフィー等の経時的脳血流量観察機 器で評価できるかどうか研究する。
健常者の高次脳機能を経時的な大脳における血流量変化として捉え、さらに同じ検査を高次脳機能障害患者で行うことによって、高次脳機能障害が経時的な脳血流動態の異常として証明できれば、その診断価値は高い。