独立行政法人労働者健康福祉機構 研究普及サイト

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
作業関連疾患
ホーム » 作業関連疾患 » 研究目的・概要

研究目的・概要

手根管症候群は作業関連疾患として存在することは疑われるが、まだ明らかではなく、また、どのような種類の作業を、どのような 肢位で、どのような作業環境で、どのような作業時間を、どのような年齢の労働者で、性別はなど、まだまだ解決すべき多くの問題がある。年齢、性、1日の仕事量、職種(具体的な作業内容)、経験年数について分析し、手根管症候群の発症要因を探ることを目的とする。