独立行政法人労働者健康福祉機構 研究普及サイト

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
ホーム » メタボローム » 研究目的・概要

研究目的・概要

1.過重労働・ストレス下における心血管イベントを予測する因子:メタボローム解析を主体とした挑戦的研究

 勤労者の過労死予防のため、過労死のなかでも特に心血管疾患に至る予測因子・関連因子となりうる定量的マーカーを、メタボローム解析を用いて推測・同定することを目標とする。

2.早期慢性膵炎の疾患概念の研究と新規診断法の開発:メタボローム解析を主体とした挑戦的研究

(1)メタボローム解析を用いた早期慢性膵炎の疾患概念の確立

 早期慢性膵炎症例と慢性膵炎症例とでメタボローム解析を行い、それらのメタボロームプロファイルを比較検討することで、メタボロームプロファイルを指標とした早期慢性膵炎の疾患概念を明らかにする。

(2)メタボロームプロファイルによる早期慢性膵炎診断法開発

 早期慢性膵炎症例特有のメタボロームプロファイルを抽出し、その疾患診断機能を検討する。

(3)早期慢性膵炎発症に対する職場ストレスおよび精神的ストレス関与の検討

 メタボロームプロファイルを加味した早期慢性膵炎診断症例の職場ストレスおよび精神的ストレス(抑うつ度)との連関を検討し、勤労者における早期慢性膵炎スクリーニングの新たな指標の開発を目指す。